ただのたい焼き ―2024年6月16日(恵比寿店の日記)

☆今日(6/16)は『和菓子の日

・848年の今日、疫病退散を祈り、菓子や餅を神前に供えたという話に由来し、全国和菓子協会が1979年に制定しました。

 

・見る人にとっては、ただのたい焼き(食べかけ)。

・これは昔、飲み会の後に友人とダラダラ街を徘徊していて見つけた知らない店で買ったたい焼き。

・店にはこの日が最終営業日という貼り紙があり、あと数時間もしたら無くなってしまうのかあ、あと数時間通るのが遅かったら出会えてもなかったのかあ、今日ここに居なかったら存在を知りもしなかったのかあ、っていうエモさをたっぷり感じたたい焼き。

・あんこもたっぷりギッシリ。

・和菓子はけっこう好きなほうです。

 

 

日記を書いた人:乙羽




PAGE TOP